表参道駅徒歩6分 DNA検査を活用して最も効果的な方法でメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニングジム

野菜中心の食生活なら、痩せられると思ってる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

六本木の赤坂アークヒルズで

ダイエット指導をしている

パーソナルトレーナー・藤田です。

ひとつ前の記事では、

自分自身のカラダの状態や

生活サイクルに合わせた食事をしないと

どんな食事でも太ったり、

カラダ作りがうまく進まない可能性がありますよ、

他の人と比べてもダメですよ、

という考え方について書きました。

昨日も新規でトレーニングを始める方との

カウンセリングがありました。

トレーニングは有酸素運動を中心に

週2回くらい行っている。

周りからも少食だね、といわれるのに

最近体重の落ちが停滞してきて

カラダの締まりがなくなってきているという。

結構多いのが、野菜中心に食事をしていれば

OKだと思っている方。

野菜=ヘルシーというイメージがあるのでしょうが。。。

ちょっと横道に逸れますが、

そもそもヘルシーな食材って…何?

大体の人が低カロリーということだけを

「ヘルシー」の定義にしていたりする。

それは違うでしょー。

食事っていうのは、必要十分な栄養素を

カラダに取り入れること。

カロリーが低いということは、

タンパク質、脂質、炭水化物の

3大栄養素が少ないっていうこと。

カラダを作り変えたいのに、

カラダの材料になるタンパク質や脂質が

不足している食事って…どうなの?

もちろん食べ過ぎは論外ですが。

トレーニングというのは、

もちろんカロリー消費という側面もありますが、

一番大事なのは

トレーニング =「カラダを作り替える行為」

だということ。

基礎代謝を上げるためのトレーニングは、

カロリーを消費しやすいカラダを作ってあげること。

燃費のいい軽自動車から、

もっと排気量の大きいクルマに

なるということですね。

だからトレーニングをしたら、

新しいカラダの材料をちゃんと摂らなきゃいけない。

野菜中心に食べればOKと思っている方は、

食事から摂取しているタンパク質が

足りていないケースがほとんど。

脂質も、減らすばかりでポジティブな摂り方を

取り入れていない。

野菜中心でもタンパク質を

十分にとる方法はあります。

いくらトレーニングしても、それじゃダメですよ。

まずはダイエット=カロリー消費という

間違った信仰を捨てること。

それだけじゃないんです。

もっと大切なことがある!

そして、カロリーを抑えるんじゃなくて

カラダを作り変えるための食事を

始めることです。

野菜中心主義の方、

もしトレーニングを頑張ってても

なかなか痩せない、カラダが変わらないと

悩んでいるなら、

食事・トレーニングの目的と

それぞれの栄養素の役割から、

今の食生活をしっかり考え直してみては

いかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です