表参道駅徒歩6分 DNA検査を活用して最も効果的な方法でメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニングジム

脂肪を摂らなきゃダイエットは成功しない③~メガポテトって…

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

赤坂アークヒルズの

エニタイムフィットネスセンターで

ダイエット指導をしている

パーソナルトレーナー藤田です。

前回はトランス脂肪酸の恐怖?を

お伝えしました。

今日はカラダ作りに必須の

「摂らなきゃいけない脂肪酸」である

オメガ3脂肪酸について書こうと思っていたのですが…

気になったことがあったので調べてみたところ、

面白い?ことになったので、

前回の続きとしてトランス脂肪酸がらみの

記事を書いてみます。

折しも巷では、「メガポテト」なんてものが

発売されようとしています。

2012年現在の調査報告データで、

マクドナルドのMサイズ(135g)のポテトには

3.37gのトランス脂肪酸が含まれているとのことです。

まず頭に入れていただきたいのは、

農水省の定めるトランス脂肪酸摂取の

目標値は、1日に約2グラム未満。

メガポテトは、Lサイズ(170g)の2倍の340gだそうです。

Mサイズの約2.5倍。

単純計算すると…トランス脂肪酸の量は

約8.5g

農水省の基準の4倍超…

ちなみに日本の政府・自治体は

非常にトランス脂肪酸について寛容です。

率直に言うと、諸外国に比べて対策が遅れています。

有名なのはニューヨーク市。

2006年12月に、市内の飲食店で

段階的にトランス脂肪酸の使用を

実質禁止することを決定しました。

ヨーロッパ各国でも、トランス脂肪酸が

一定基準を超える食品を違法として扱います。

日本では、現在のところ表示の義務さえありません。

理由は、欧米に比べて食品に含まれる

トランス脂肪酸が少なく、摂取量も少ないと

考えらえるから、だそうですが…

そういう問題じゃないですよねえ…

今日はここまでパー

次回こそ、オメガ3脂肪酸について書きます!

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です