表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

食事を減らして痩せる=カラダを引き締めるではない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

食事を減らすことで体重が減ったからといって

カラダが引き締まるわけではありません。

むしろ筋肉が減ってしまいボディラインは崩れていきます。

今まで指導させて頂いた中には、食事記録を見せて頂くと

「え、それしか食べないでどうやって生きてるの…?」

というような量しか食べてない方もいます。

1日に1食。

2食食べることなんてほとんどない。

その1食もインスタントのスープや菓子パンだけ…

それ以上体重を落としたいなら

もう食べるのをやめるしかないんじゃない?というくらいで

ハッキリ言って、栄養失調の一歩手前です。

体力は老人以下で、はじめはまともに

トレーニングなんかできません。

筋肉がないから皮膚にもハリがなくて、

サポートのために二の腕や脚にタッチすると

その感触はまさしく「プヨプヨ」です。

それでも痩せない、体重が減らないと言って

体重を落とすことばかり考えている。

何度もお伝えしているように、

「痩せること、体重を落とすこと」

「カラダを引き締めること」あるいは
「カッコいい、キレイなカラダになること」
は、必ずしもイコールではありません。

食事を減らせばある程度まで「体重を落とす」ことはできても、

カラダにメリハリや曲線美を作って

カラダの代謝をアップさせてくれるしなやかな筋肉は

トレーニングなしでは作れません。

タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養も必要です。

敵視されがちな脂肪も、食事から良質なものを摂らないと

カラダにある余分な脂肪を落として

筋肉を成長させることができません。

だから栄養を取るために、食事を抜かずに

食べなきゃダメとお伝えしているんです。

ただし、明らかに食べすぎで脂肪が多すぎる人が

脂肪を落とすときには、食事量を調整しなくちゃダメですよ。

食事を抜くだけじゃ、やせ細ったり体型と体調を崩すことはできても

カッコいいカラダ、引き締まった健康的なカラダにはなれません。

体重に捉われて体重を減らすことばかり考えず、

キチンと筋トレしましょう。

それがカラダをカッコよくするための「王道」です。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2015 All Rights Reserved.