表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

脂肪を摂らなきゃダイエットは成功しない⑥~大切なのは脂肪酸同士のバランス

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

六本木の赤坂アークヒルズで

ダイエット指導をする

パーソナルトレーナー藤田です。

昨日は、オメガ6脂肪酸は

カラダに必要だけど、普段の食生活では

避けなきゃいけない脂肪酸だということを

書きました。

<必要だけど摂りたくない!?オメガ6脂肪酸>

http://ameblo.jp/master-united/entry-11537564962.html

今日はその理由をお伝えしていきます。

体内でのオメガ3とオメガ6のバランスは

1:1~1:4が適切と言われていますが

現代人の食生活ではオメガ6を含む

油や食品がとても多く出回っていて

何も意識せずに生活していると

このバランスが1:10から1:50くらいに

なってしまうこともあるんです。

こんなバランスが続くと、

本来生命維持のために起きる

アレルギー反応が過剰に起きたり

血液凝固反応が強くなり

血栓ができてしまったり…

とたくさんの弊害を生みます。

アレルギーの過剰反応の例だと、

花粉症なんかが挙げられますね。

私のクライアントで、

油の摂り方を中心に食生活を改善したら

花粉症が来なくなった!なんて人もいます。

(※食生活の改善で、花粉症が必ず治るというわけではありません。)

またオメガ3とオメガ6は細胞膜の材料になるので、

脂肪酸同士の摂取バランスが悪いと、

細胞膜も十分に機能を果たさなくなります。

これは、トランス脂肪酸がオメガ3や6の代わりに

細胞膜の材料になってしまった場合と

似ていますね。

<トランス脂肪酸は食べ物じゃない>
http://ameblo.jp/master-united/entry-11532773016.html

細胞が上手くエネルギー代謝できなかったり、

ミネラルを十分に取り込まなくて

余計な水分や老廃物の排出ができなかったり…

かいつまんで言うと、太りやすくなったり、

むくみやすくなるリスクが高まるということです。

以前の記事で、オメガ3脂肪酸を

食べ物から積極的に摂るようにしましょう!

と言いましたが、

実際にはそれだけは不十分で、

オメガ6脂肪酸をなるべく避けることも

心がけなければいけません。

具体的には、当然ながらお菓子や揚げ物、

さらに保存のために油を使用した

インスタント食品を食べない、

市販のドレッシングは避け、

オメガ3やオメガ9の豊富な油を使って

自分でドレッシングを作る…など。

現代の食生活では、そこまで気を付けて

はじめてカラダにとって理想的な

脂肪酸の摂取バランスが取れるということです。

それくらい歪んだ食材環境に

我々は曝されているんですねぇ。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2013 All Rights Reserved.