表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

糖質抜きがカラダ作りに有効ではない理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

何度か書いていますが、私がカラダ作りを指導する上で

基本的には糖質抜きを推奨していません。

指導するうえでも、糖質(炭水化物)を食べないでくださいとは

絶対に言いません。

もちろんその人にとっての適量というのはあるので、

食べすぎている人には減らすようにお伝えしますが、

カットして下さいとは言いません。

まあ、そもそも食事から糖質を完全に

カットするなんてことはできませんが…

なぜ糖質を抜かないで欲しいのか、

カラダのメカニズムを根拠に、理由を書いてみます。

まず、筋肉の中のエネルギーが足りなくなると、

タンパク質を合成するスイッチがオフになってしまいます。

「タンパク質を合成する」ということは、

筋肉を成長させるということです。

結果的に、筋肉の成長が基礎代謝を高めることにつながります。

「筋肉中のエネルギーが足りない!」と脳が感知すると、

残り少ないエネルギーを生命維持のために優先度の高い

他のことに配分しようとする防衛本能のような

メカニズムだと考えられています。

このエネルギーというのが糖質です。

だから筋肉の中に糖質が足りないと、いくら頑張ってトレーニングしても

基礎代謝が上がらないし、メリハリの土台となる筋肉が成長しません。

タンパク質だけ摂ってても、カラダの中の糖質が枯渇してたら

長期的に見て体重も減りにくいし、メリハリがあって

引き締まったカラダになることができないんですね。

なので、私は糖質を過度に制限するような指導はしていないんです。

むしろ、筋トレを直後は糖質を取ってあげた方がいい。

筋トレ直後の時間帯は、筋肉が糖質を摂り込む傾向が

強まっているので、食べた糖質が脂質になりにくいです。

それどころか、筋トレ直後は筋肉を成長させるために

タンパク質と一緒にある程度の量の糖質を摂った方が

効率よくカラダの中でタンパク質が合成されます。

短期的に体重を減らす目的では

カロリーカットや水分を抜くために

炭水化物を極端に減らすのも有効ですが、

長期的に見たら、ここまで書いてきた通り

あまりいいことはありません。

単純に体重を減らすことにはどこかで限界がきますし、

大抵の人は体重という数字じゃなく

見た目やコンディション作りのために

トレーニングしてカラダを変えようと頑張るわけですよね?

だったら糖質は減らし過ぎない方がいいです。

キーポイントは適切なタイミングで、その時に必要なものを

適切な量を食べること。

それさえコントロールできれば、糖質を抜かなくたって

カラダは変えることができます。

糖質抜きに関してもそうですが、最近は雨後の筍のように

上っ面だけの二束三文のダイエット方法が

次から次へと出回ります。

こうした質の低い情報に振り回されないようにするためには、

今日ご紹介したような「カラダのメカニズム」を

きちんと知っておくことが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2015 All Rights Reserved.