表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

社会的地位がどうこう言う前に、まず目の前のお客様に価値をお返ししよう。そして稼げるようになろう。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

表参道のパーソナルトレーニングジム

evergreenの藤田です。

 

今日はあいにくの雨模様ですね。

朝の指導をひとつ終えて、

ブログを書いています。

 

 

image

▲出勤前に一瞬スタバで温まるの図。 

 

昨日はパーソナルトレーニングスタジオを

今年上半期にオープンしたいという方が

なんと福岡からevergreenへ見学に来て下さって

僭越ながらボクのやってきたこと、

経験してきたことを、お話しさせていただきました。

 

写真撮り忘れたなー

また週末お会いできるので、

そのときお願いします!

 

異業種からの転身ということですが、

一昨年末~去年にかけて

ワクワクしながら、ビビリながら

必死で行動していたときの自分を

思い出させてもらって、

とても刺激をもらいました。

 

やるからには、(いい意味で)稼ぎたいですよね~

お互い頑張りましょうね!

なんて話をしました。

さて、今ではすっかり筋肉バカの謗りを

頂戴する僕も、大学院卒業してから

コンサルタントや転職エージェントなど

サラリーマンを経験しているので

異業種からの転身ということになります。

 

パーソナルトレーナーとしては

フィットネス業界しか経験していない人より

異業種から転身してきた人のほうが

成功しやすいと思います。

 

たまに同業者のトレーナーから

 

「パーソナルトレーナーの社会的地位を向上させたい」

 

という言葉を耳にすることがあるんですが、

ボクはこれに違和感を感じます。

 

ボクは今まで9年くらい仕事をしてきて

パーソナルトレーナーの社会的地位が

低いなんて感じたことはありません。

 

自分で選んだ職業、仕事内容で

お客様に選んで頂けて

きちんとお金も頂戴して、

お客様から感謝の気持ちをいただけるし

この仕事にはほとんど不満はありません。

 

仕事内容の認知度の低さなら

なんとなく感じたことはありますが、

それはパーソナルトレーナーごとに

できること、持っているスキルが違ったり

そもそもパーソナルトレーナーという

肩書の定義が曖昧なことに

起因することでしょう。

日本は職業選択の自由や

職業によって差別されない

平等な社会であることが

法律で定められている国です。

 

だから社会的地位が高いとか低いとか

そんなのは自分の気持ちの問題というか、

自分で作り上げている

勝手なイメージだと思うんですよね。

 

そんなあいまいなものを気にかけて

ごちゃごちゃ文句を言わずに、

まず目の前のお客様にしっかりと

価値をお返しするために、

質の高い仕事をしていくことのほうが

よっぽど大切です。

 

目の前のお客様にすら認めていただけないのに

社会に認めてもらうなんて、どう考えたって無理でしょう。

だから僕らが第一に考えなきゃいけないのは、

目の前のお客様を喜ばせること。

 

そして、職業として認められたければ

パーソナルトレーナーとして

きちんと稼ぐことではないでしょうか。

 

稼ぐということは、お客様に選んでもらい

お客様が納得していただけるだけの

サービスに対する対価を

頂戴「し続ける」ということだと思います。

 

1年以内にクローズしてしまう

パーソナルトレーニングジムが

かなりの数あると聞きますが、

そんなことだから「社会的地位」が

低く見られるんじゃないでしょうか。

お客様に提供する技術・知識を

勉強するのは当たり前、

ウデがいいのも当たり前。

 

それ以外の経営、マーケティング、営業、接客etc…

を学んで実践する努力を怠って

お客様に選んでもらえず、

価値を感じてもらうこともせず

自分の食い扶持ひとつ稼げないでいたら

そりゃ、そういうことを当たり前にやっている

他の業種から「筋肉バカ」「脳みそまで筋肉」

というように、程度が低く見られて当たり前です。

 

もし社会的地位が低いというのであれば、

低くしているのは、そう思っている

トレーナー個人の努力不足だと思います。

 

ボクも運よく1年生き残っただけで

あまり偉そうなことはいえませんので

こんな強気発言で自分を追い詰めてる気もしますが、

本気でそう思っています。

 

社会的地位を上げたかったら、

目の前のお客様に価値をお返しすること。

トレーナーとして仕事をし続け、稼ぎ続けること。

 

コレに尽きると思います。

 

今日はこの辺で。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2017 All Rights Reserved.