表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

有酸素トレーニングで基礎代謝を落とさないためには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

前回は、糖質をタイミングよく摂取することの大切さ、

ボディメイクで糖質を制限することのデメリットを書きました。

糖質抜きがカラダ作りに有効ではない理由

その中で、長期的に見てマイナスになる理由のひとつに

過度の糖質制限で筋肉の成長が妨げられる、

あるいは筋肉が分解されてしまうということを言いました。

これが長期間続くと、結果的に基礎代謝が増えない、

あるいは減ってしまうということです。

カラダが必要に応じて筋肉を分解する働きを

異化作用(カタボリック)といいます。

血糖値が低下しているときなどは、

エネルギーを確保するためにこの異化作用が起きています。

よく筋肉ムキムキのトレーニング好きの人が間食に

プロテインを飲んでいるのは、この異化作用で

筋肉が減らないように、たんぱく質を補給しているわけです。

実はこの異化作用は有酸素運動中にも起こっています。

「有酸素運動は筋肉を分解してしまうのでしまうので

基礎代謝が落ちますよ、やり過ぎには注意して下さいね~」

というのが、有酸素運動でカラダ作りをしようとしている人に

ある程度知識のあるトレーナーが伝える常套句です。

とはいえ、一定時間以上のランニングやサイクリングなど

有酸素運動は、心臓・血管系の健康やエネルギー消費に

効果があることは広く知られていることです。

私の指導経験だと、心臓血管系の機能が高い方が

トレーニングをしっかりこなせて、結果的に

トレーニングの効果が出やすいように思います。

その観点からも、有酸素運動は大切だと思います。

ものすごい筋肉量を誇るボディビルダーの中にも、

試合(コンテスト)前は有酸素運動を取り入れて

カラダのコンディション作りをする人がいます。

有酸素運動を取り入れながら、筋肉の成長を妨げないようにするために

大切なポイントはひとつ、運動前や運動中に

カラダの中のアミノ酸濃度を高くしておくことです。

特にBCAAに分類される3種類のアミノ酸を

摂っておくことで、筋肉の分解を防いでくれることが

確認されています。

BCAAはサプリメントとして広く知られていますね。

20種類あるアミノ酸の中でも「分岐鎖アミノ酸」といい、

枝分かれした構造をしているロイシン、バリン、イソロイシンの

3種類のことをいいます。

商品名じゃないんですよ(笑)

ちなみに自販機でよく見るドリンクタイプのものでは、

摂取量が全く足りません。

パウダータイプのものを使いましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2015 All Rights Reserved.