表参道駅徒歩6分 DNA検査を活用して最も効果的な方法でメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニングジム

効率のいいトレーニングとは…?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

みなさんは効率がいいカラダ作りの方法、というとどんなことをイメージしますか?

私は「効率がいい」というのは、基本的には結果を出すために「高い密度」で取り組むということだと考えています。
時間当たりでより高い負荷をかけること、とも言えます。

トレーニングでカラダを変えるというのは、基本的にカラダに過負荷(その人の日常生活でかからないような負荷)をかけることです。
過負荷にカラダが適応することで、カラダがより仕上がっていく、ということになります。

率直にいえば、あなたのカラダにとってよりキツイことをやるということです。
それは、重さや回数だったり、苦手なカラダの使い方だったり…

もちろん体力に関係なく、最初から誰にでも100キロのバーベルを持てとは決して言いませんし、無理なストレッチで限界を超えて伸ばしたり、苦しいことをするのが目的ではありません。
(苦しいトレーニングをするのが目的だったら、それはただの苦行ですよね。。。)

矛盾するようですが、何でもかんでも辛ければ辛いほどいいというわけではありませんので、そこは誤解のないようにお願いします。

ただし、その人の水準に合わせた「(結果的に)キツイ」トレーニング内容をやっていただくことになります。

幸いなことに、私のトレーニング指導を受けに来て下さる方は皆さん

「重い!」
「凄く重い!」
「キツイ!」

と毎回文句(!?)を散々言いながらも、しっかりトレーニングをこなして下さっています。
カラダへの負荷もそうですが、私のアドバイスを聞いて、実行するために集中力もかなり必要です。(正しいフォームにはこだわります)

ご相談に来て下さったときに、ある程度は覚悟していただくようにお伝えしていますが、おかげ様で、そんな指導を受けに来て下さる方がたくさんいて、非常にありがたいことです。

私も一生懸命トレーニングされる方を指導し、応援するのはやりがいを感じますし、気持ちよく仕事をさせていただけます。

登り坂も勾配がキツイ方が早く登れる、という単純な原理原則だと思います。

だから、結果を出したいけどキツイのはイヤ、という方は、覚悟が決まってから改めてお越しください(笑)

覚悟を決めてお越しいただいた際には、「密度の濃い」トレーニングをしていただけるように、懇切丁寧に、あなたが挫けないよう宥め賺しながら(!?)指導させていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら