表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

冬の乾燥肌対策のためのトレーニングと栄養②~成長ホルモンの分泌を高めるトレーニング

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

豊洲・六本木でボディメイク指導をしている

パーソナルトレーナー・藤田です。

前回の記事では、栄養面から大切なこととして

タンパク質にポイントを絞ってお伝えしました。
↓↓↓↓↓↓↓↓
<タンパク質を意識すると、肌のコンディションがよくなる>

今日は、乾燥肌に対してのトレーニングの効果と

ポイントをお伝えします。

そもそもカラダを動かすほうが、

じっとしているよりも肌に良いというのは

一般的に認識されていることだと思います。

これは、カラダを動かすことで血流が高まり、

新陳代謝を促す効果があるため、

肌を新しい状態に保ってくれるためです。

トレーニングが肌のコンディションを

良くしてくれるという効果のウラには、

もっと大切なメカニズムがあります。

それは

成長ホルモンの分泌を高めてくれる

ということ。

筋肉や骨に負荷がかかったり

カラダの中のエネルギー代謝状況が変化すると、

カラダは成長ホルモンを分泌します。

成長ホルモンはカラダの中で

非常に大切な役割を担うホルモンで

①体脂肪を減少させる

②筋肉量を増加させる

③血圧を低下させる

④免疫力を回復させる

⑤骨密度を高める

⑥傷の治癒を促進する

⑦ハリのある肌をつくる

⑧髪を増やす

⑨活動レベルを高く保つ

⑩視力を回復させる

⑪精力を増進させる

ざっとこんな効果をもたらします。

で、運動すれば何でもいいかというと

そんなことはありません。。。

効果的に成長ホルモンの分泌を促したければ、

有酸素運動よりも、正しい負荷での筋トレ筋肉を行いましょう。

自分のカラダやダンベル、バーベルなどを利用して

短時間で多少きついと思えるくらいのトレーニングを

行う方が、成長ホルモンの分泌を高めるには効果的です。

特に1種目でなるべくたくさんの筋肉を

刺激できる種目の方が、成長ホルモンの分泌を

高めることができます。

具体的には

スクワットとかデッドリフトといわれるエクササイズですね。

まあ正直、きついやつです。。。

でもダラダラ運動し続ける必要はないので、

その点は飽きっぽい人には向いていると思います。

実際にこうしたトレーニングを行って頂いている

お客様の感想も

「終わった後の爽快感が好き!」

という声が多いです。

30分も続けて行えるようなトレーニングは、

あまり成長ホルモンの分泌を高めてくれません。

短時間でガツンと効率よく!が、

成長ホルモンの分泌を高めるための鉄則です。

ちなみに、

年齢とともに成長ホルモンの分泌量は低下していきます。

有酸素運動をたくさんしていても、

痩せにくくなる一つの原因です。

特に女性は、もともと成長ホルモンの分泌量が

男性と比較して少ないので、

肌のためにも、カラダ作りのためにも

アンチエイジングの一環として

有酸素運動ばかりでなく、筋トレで

筋肉や骨にビシッと刺激を与えましょう。

成長ホルモンに関しては、以前にこんな記事も書きました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<成長ホルモンの分泌を高めるアミノ酸>

参考にしてみてください♪

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2014 All Rights Reserved.