表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

主食の概念を変えれば食事が変わり、カラダが変わる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

表参道のパーソナルトレーニングジム

evergreenの藤田です。

 

日本人にとって「主食」というと、

お米という方が多いと思います。

 

ところが、諸外国で主食というと

イコール「メインディッシュ」であり、

コース料理を想像していただけると

お分かりのように、肉や魚のことを指します。

 

日本料理でいうところの「主菜」ですね。

 

image

初鰹の刺身+水菜と海藻類。

これも「スーパーフード」です。

 

 

ま、それを指す単語が何であれいいのですが

(じゃあここまでの文章なんだよwww)

 

ダイエットのことを考えるなら

食事の中で「メイン」となるものは

肉や魚といった動物性タンパク質を

多く含むものであるべきです。

 

お米や麺などは、あくまで脇役、

付け合わせのような位置づけ。

 

なぜなら、ダイエットに大切なのは

 

「カラダに必須の栄養素から食べること」

 

であり、3大栄養素の中で

タンパク質、脂質は必ず食べ物から摂らないと

いけませんが、炭水化物(糖質)は

「必須」ではなく、必要に応じて

カラダの中で作り出すことができます。

 

だからまずはタンパク質と脂質で

おなかを満たし、もし余裕があれば

炭水化物をその分だけ食べる。

 

こうして食事の中で位置づけや

優先順位を変えるだけで

割と食事を変えていくことができます。

自然とタンパク質や脂質が多くなり、

今まで主食だったコメは減らせる…

そのことでカラダの変化が感じられるはずです。

 

皆さんも試してみてください。

 

今日はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2017 All Rights Reserved.