表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

フィットネスクラブの「常識」は意外と…

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

今はフィットネスクラブで指導をしている私ですが、フィットネスクラブで「常識」とされていることって、けっこう間違ってたりします。

例えばフィットネスクラブのスタッフにマシンの使い方を聞くと、大抵どんな種目でも、誰が相手でも、目的がなんでも

「力を入れるときに息を吐きましょう」

と教えていると思います。

不思議じゃありませんか?

なぜどのエクササイズでも「力を入れるときに息を吐く」のか?

本当にそれでいいのか?

例えばスクワット。

まあ、きちんとしたスクワットを教えられるスタッフがいるフィットネスクラブのほうが少ないですが、

「膝がつま先より前に出ないように気を付けながらしゃがみましょう」と教えます。

なぜ膝がつま先より前に出てはいけないのか?

カラダの仕組みを学ぶとわかりますが、この2つは誰にとっても、必ずしも「正解」とは言えません。

場合によっては、間違いだったりします。

ほとんどのフィットネスクラブのスタッフの仕事は、あくまで「施設運営」であって、カラダやトレーニング指導のプロではありませんから、そこまでのことはなかなかわかりませんし、知識があるスタッフでもマニュアルに沿わなければならないので、どんなに正しいことでも教えられない場合もあります。

それはビジネスモデルの問題なので、だからフィットネスクラブはダメとか、レベルが低いなどというつもりはありません。

ただ、フィットネスクラブで「常識」として扱われていることが必ずしも正しいわけではなく、あなたに合っているわけでもないですから、きちんと効果を求めるならやはり頼れるトレーナーに話を聞いた方がいいというのが、私の意見です。

とても我田引水な結びでした汗

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2015 All Rights Reserved.