表参道駅徒歩6分 DNA検査を活用して最も効果的な方法でメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニングジム

トレーニングは誰にでも必要…だと私は思います。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

六本木・豊洲でダイエット指導をしている

パーソナルトレーナーの藤田です。

客観的に太っているか痩せているか、

ダイエットの必要があるかないかなどに関係なく、

ほとんどの現代人にトレーニングは必要だと

私は思っています。

なぜか?

私が研究していく中で、現代人のライフスタイルは

脳やカラダを正常に機能させるために

圧倒的に活動量が足りていないのではないか?

と考えているからです。

私たちの遺伝子は、狩猟という有酸素運動を行う中で

数万年にわたって、脳やカラダを進化させてきました。

今年上半期に読んだ本の中でベスト3に入る面白かった書籍、

「脳を鍛えるには運動しかない!」

に、興味深い文章がありました。

(引用ここから)
今日のわたしたちの体を支配している遺伝子は10万年以上前に進化したものであり、そのころ人類は絶えず動きつづけていた。
食べ物を探し回ったり、何時間も何日もかけて平原でアンテロープを追ったりしていたのだ。

(中略)

もちろん今日では、生きるために採集や狩りをする必要はない。
しかし、わたしたちの遺伝子には狩猟採集の行動様式がしっかり組み込まれていて、脳がそれをつかさどるようになっている。

従って、その活動をやめてしまうと、10万年以上にわたって調整されてきたデリケートな生物学的バランスを壊すことになる。

簡単に言ってしまえば、体と脳をベストの状態に保ちたいなら、この歴史の長い代謝システムをせっせと使うべきなのだ。
(引用ここまで)

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方/日本放送出版協会

¥2,268
Amazon.co.jp

要約すると、人間はカラダを動かして食べ物を

探さなければならない、そういう遺伝子になっている。

だから身体活動量が少ないと、カラダにも脳にも

色んな不具合が起きるということです。

この観点で考えると、ほぼ毎日デスクワークで過ごして

食べ物に困らないというのは、カラダにとっては

異常事態なわけです。

かといって、その分を補うだけの活動を

日常的に賄える時間が、現代人はなかなかとれません。

だから日常生活よりもハードな「トレーニング」で

必要な活動量を効率よく補う方が、合理的です。

※高強度なら短時間でもいいと短絡的に考えているわけではありませんよ

大げさなことを言えば、現代社会で生活しながら

カラダを正常に機能させるためには、

遺伝子レベルでトレーニングを必要としていると

考えているんです。

実際私のクライアントからも、

ダイエット目的で始めたけど、様々な不調が

解消されたという声を多数いただいています。

始めるきっかけが何であっても、

トレーニングを継続的に行って必要性を感じてもらい、

ライフスタイルにしてもらえると、

指導者の立場としては嬉しい限りです。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら