表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

ダイエット中に脂肪をうまくコントロールする方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

拙著「そのヘルシーがあなたをデブにする」では、

 

「行き過ぎた低脂肪信仰は百害あって一利なし」

 

とお伝えしました。

 

ただし、誤解があるといけないので、今日のブログで脂肪について補足を兼ねて書きます。

 

これだと「脂肪は無制限にとってもかまわない」と思われてしまうかもしれませんが、もちろん、そういうわけではありません。

 

インスリンは確かに、食べ物から摂り込んだ血中の脂肪酸を脂肪細胞へ取り込み、中性脂肪に変えて蓄える働きを促進し、脂肪細胞中が蓄えている中性脂肪を分解して血中へ送る(=体脂肪をエネルギー源として使える状態にする)働きを抑制します。

 

しかし、インスリンの分泌が盛んでなくても、血中の脂肪酸が多ければ、脂肪細胞への脂肪酸の取り込みと、中性脂肪の合成は行われます。

 

つまり糖質を食べなくても、脂肪を沢山摂れば、当たり前ですが体脂肪は増えるということです。

 

魚の脂や亜麻仁油、エゴマ油などに含まれるオメガ3脂肪酸には脂肪の利用を促進する効果がありますが、それでもカラダが必要な量以上に摂り過ぎれば、同じことです。

 

よく、糖質制限をすれば太らないと主張する人の中には、この点をきちんと踏まえずとにかく

 

糖質摂取⇒血糖値上昇⇒インスリン上昇⇒体脂肪増加

 

の流れだけ強調されているケースが見られますが、脂肪をたくさん摂れば、糖質を取らなくてもカロリーオーバーで体脂肪は増えます。

 

ここ、確認しておきましょう。

 

そして昨日のメルマガで書いたように、(低脂肪、無脂肪食品が出回る一方で)外食、加工食品ではタンパク質が少なく、カロリー源のほとんどが炭水化物と非必須脂肪酸という食事、食品で溢れています。

 

その傾向は安価なものほど顕著です。

 

何も考えずに食生活を送っていると、基本的には「低タンパク質・高脂質・高炭水化物」の食生活になってしまいます。

 

そこでダイエット中(体脂肪を増やしたくない、減らしたい)人は

 

●いったん、食事の中から脂肪を全て抜く(くらいのつもりで)食事を考える

●そのうえで、カラダに必要な必須脂肪酸を含む食材、オイルなどから適度に脂肪を摂る

 

このような考え方で、食事を組み立てる必要があるでしょう。

 

次回はダイエット中に脂肪をどれくらいの量にすればいいか、どの食品は避け、どの食品から必要な脂肪を取ればいいか、など具体的にお伝えしていきます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2017 All Rights Reserved.