表参道駅徒歩6分 DNA検査を活用して最も効果的な方法でメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニングジム

ダイエットがうまくいかない人の特徴

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

マジメ過ぎる人、考える過ぎるクセがある人は、ダイエットがなかなか順調に進みません。

こういう人に良くあるのが、

・まず何をしたらいいか大量の情報を仕入れる(ネットでダイエット情報をひたすら読む)

・やることを増やし過ぎる

・情報が氾濫していて、何が正解か分からなくなる

・考えすぎて疲れて、結局行動に移さない

・痩せられない自分を責めて落ち込む

食事コントロールでも、あれもこれも手を付けようとして「やるべきこと」が多くなりすぎたり、何を優先したらいいのかわからなくなり、結局以前と同じような食生活をしてしまう。

エクササイズでも、例えばスクワットを指導していて大切なポイントに絞って私がお伝えしていても

「手の幅はどうしたらいいですか?」

「握り方これでいいですか?」

「●●合ってますか?」

実際は手の幅も握り方も大切で、正しい方法はきちんとあるんですけど、でも今、その人に大切なポイントじゃない。

そんなところでも、ものすごく細かい部分まで逐一正しいか確認しないと動かない。

トレーニングを始めて半年もたたないような方に、100点満点の完璧なスクワットなんて、求めてないです。

それよりも、数少ない大切なポイントをきっちり意識して、70点のスクワットができるようにすることが大切。

ダイエット全般に話を戻すと、多少なら間違っていても、遠回りでも、行動することの方がよっぽど大切なんです、ゴールに近づいてるから。

マジメ過ぎる人、考えすぎる人は結局足踏みしているだけで前に進まない。

効率が悪いのはイヤ、間違ったことはしたくない!という人に限って、効率性や正しさを求めすぎて何もせず、結局のところ全然痩せやしないという例をたくさん見てきました。

「自分のことじゃないか?」と思った方は、まず考え方を変えましょう。

・最初から完璧を目指さない。トレーナーに教わったことのうち、最初は半分もできていればオッケー。半分を完璧にできたら、それから次の半分をきちんとできるようにする。

・やるべきこと、大切なポイントを少なくする。とにかくシンプルに、やるべきこと、意識することを減らす。

・間違っていてもいいから、とにかく行動に移す。

言い方が悪いですが、馬鹿なくらい素直でシンプルに考えた方が、ダイエットは成功します!

気持ちもラクですしね!

シンプルに生きましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら