表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

タンパク質をきちんと取ったほうが痩せるもう一つの理由~DIT(食事誘発性熱産生)から考えた大切さ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

同じようにカロリーを摂るなら、代謝を落とさずエネルギーを貯め込まないようにするために、タンパク質をたくさん食べましょうとお伝えしました。

タンパク質からカロリーを摂ってくださいという理由が、実はもうひとつあります。

食事で栄養素を取り込むと、食後は何もしなくてもエネルギー消費が増加していますが、カラダの中で起こるこの現象を食事誘発性熱産生(Diet Induced Thermogenesis:DIT)と言います。

このエネルギー消費の増加で熱が作られるので、食事をした後は、何となくカラダが温かくなってきますよね?

3大栄養素の中でもこのDITで消費される割合がそれぞれ違っていて、

タンパク質:約30%

脂質:約5%

炭水化物:約4%

ご覧のとおり、タンパク質の数字が圧倒的に高い…!

つまり

・タンパク質は食後にDITによって代謝されやすく、脂質は代謝されにくい

ということなんです。

このDITの観点から見ても、やはりタンパク質は一般の方が思っている以上にしっかり摂らないといけません。

しっかり肉や魚・豆類・卵などを積極的に食べて、代謝を上げていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2015 All Rights Reserved.