表参道駅徒歩6分 DNA検査を活用して最も効果的な方法でメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニングジム

コレステロールは下げちゃいけない?~①コレステロールはカラダに必要!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

六本木・豊洲でダイエット指導をする

パーソナルトレーナーの藤田です。

この間、ドゥスポーツプラザで休憩時間に

食事中の他のトレーナーと話していて、

ふと

良コレステロール食品ですね

と言ってみました。

100%僕の思い付きによる造語です。

まあ、彼が何食べていたかは

もう忘れたんですけどね!!!!

で、そこから

「そうそう、コレステロールっていうとさ…」

みたいな話になり、そこから思いついたのが

今回のブログです。

そう、現代人はコレステロールというと

すぐにネガティブな反応をする…

私が「良コレステロール」といっても

「…は?」

という感じでしょう。

でも実際コレステロールは、

カラダに必要で、超・大切な成分なんです。

言っておきますが、コレステロールが少なすぎたら

ヒトは生命の危機にさらされます(極論ですが)。

そんなに大切なコレステロールを

高いのはダメ、下げればいい…と思いこんでしまっているのは

本当に浅はかなメディアや広告代理店、

消費者への背信行為を働くメーカーの責任です。

(そこで思考停止してしまっているとしたら、
 
 それは本人の情報リテラシーの低さが原因ですが)

医者に処方されたコレステロールを下げる薬の副作用で

他の症状が出て不健康になる人だっている世の中です。

このあたりの「伝わってない話」を

数回にわたって書いていこうと思います。

これを読んだら、トクホでコレステロールを下げて…なんて

騒ぐのバカバカしくなってきますよ…得意げ

だいたい、コレステロールと聞くと

それだけで不健康なイメージですよね…

少ないほど健康みたいな…

でも、コレステロールって

体内で肝臓が作り出しています

そして、カラダの中でいろんな代謝を調整する

「ステロイドホルモン」の材料です。

ステロイドホルモンていうのは、例えば

男性ホルモン女性ホルモン黄体ホルモンなど

のことです。

この時点で、カラダに必要なものだということは

簡単にわかりますよね!

女性のコレステロール不足がどれだけ危険なのかも…

さらにコレステロールは、細胞膜の材料です。

コレステロールは細胞膜に柔軟性を与えるので、

細胞が正常に機能するためのは

なくてはならない物質です。

コレステロールが不足すると、

丈夫な血管が作られません血管

しかも、通常の食事からだけでは

必要なコレステロールの量が補えないので、

肝臓がコレステロールの合成をしています。

なんだ、

メッチャいいやつじゃないですかコレステロール…

じゃあなんで悪玉だの、減らさなきゃいけないだの

言われているのか?

そのあたりは次回にまたパー

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です