表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

ココナッツ油、MCTオイル、亜麻仁油…脂肪は何から摂ればいいの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

 

前回は食用油の選び方をお伝えしました。

 

お伝えする順番としては逆かもしれませんが、「普段の食事では、何から脂質を摂ればいいの?」ということをお伝えします。

 

ずばり、藤田がオススメするのは下記のものです。

 

・青魚、サーモン

・亜麻仁油(フラックスシードオイル)

・エゴマ油(しそ油)

・オリーブオイル

・ナッツ類

 

青魚の脂にオメガ3脂肪酸が豊富なのは、認知度が高くなってきたかと思います。

海外では、フィッシュオイルのサプリメントもあります。

また、ナッツに含まれる油も、オメガ3やオメガ9が豊富です。

 

最近話題になっているココナッツオイルが入っていないことに気がつきましたか?

 

実はココナッツオイルなどの「中鎖脂肪酸」は、減量に対して本当に効果的かどうかは研究者や栄養士の間ではまだ議論中で、意見が分かれるところです。

 

確かに中鎖脂肪酸自体は、体の中でエネルギーとして使われやすいという性質があります。

 

ただし忘れてはいけないのは、ココナッツオイルに多く含まれるのは、中鎖脂肪酸だといっても、本来体に必要ではない「飽和脂肪酸」だということです。

 

オメガ3やオメガ9のような健康効果は、あまり認められておらず、必須脂肪酸でもありません。

 

また、「エネルギーとして使われやすいこと」と「体にたまりにくいこと」は、必ずしも一致しません。

 

※ここ、大切なポイントです。

 

適切な範囲内でカロリーを摂っているなら、それよりもオメガ3やオメガ9を優先して摂るべき、というのが私の考えです。

 

上記の食べ物を、適切なカロリーの範囲内で取り入れてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2017 All Rights Reserved.