表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

グラノーラはお菓子と一緒。ダイエットするなら「朝食にグラノーラ」はあり得ない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら
表参道のパーソナルトレーニングジム
evergreenの藤田です。
 
さて、巷でヘルシーだと誤解されている
食品を精査していくブログ。
 
久しぶりに続きを書きます。
 
今日はグラノーラについて。
 
朝食として食べている人も多いのではないでしょうか?
 
グラノーラの売り文句としては
 
ビタミンやミネラル、食物繊維まで
健康にいい栄養素がたくさん入ってて
牛乳をかければさらに栄養バランス満点!
 
 
と、ヘルシーなイメージの食事として
定着しつつあるように思います。
 
でもね、
 
 
それ、100%間違いです。
 
 
 
 
ハッキリ言います。
 
 
 
グラノーラは糖質たっぷりのお菓子です。
 
それも相当太りやすい。
 
 
 
まず、ほとんどのグラノーラは
玄米、とうもろこし、オーツなどの
穀物を乾燥させた加工品に
甘く味付けするために、砂糖や蜂蜜、
メープルシロップなどを使っています。
 
この時点で、糖質メインの食べ物に
さらに糖質をオンしています。
 
さらにドライフルーツを混ぜているのが、
いわゆるフルーツグラノーラ。
 
 
以前にもこのブログで書きましたが、
フルーツに含まれる果糖は、砂糖と比べ
血糖値の上がり方こそ穏やかですが、
糖質の中でも中性脂肪として肝臓に
蓄えられやすい性質でもあります。
 
なので、体脂肪を減らした人は
フルーツを控えるほうがいい、
とお伝えしてきました。
 
水分が抜けたフルーツは
ヘルシーでも何でもなく
糖質の塊でしかありません。
 
しかも乾燥しているので
少量で非常にカロリーが高いです。
 
またグラノーラの売り文句でる
「食物繊維が豊富」という部分。
 
もし便秘対策などで食物繊維を摂るなら
グラノーラを選ぶ必要は全くありません。
砂糖不使用のオートミールなどで
いいのではないでしょうか?
 
こうしてみていくと分かるように、
グラノーラは糖質たっぷりの
お菓子のようなもので、
ダイエットする人の朝食として
適しているとはとても言えません。
 
以下の写真は、ある市販のフルーツグラノーラです。
 
{4582E2B0-07E1-4C26-9EFF-BF29E776E791}

 

{7477449E-DB94-4494-B895-3ABC4C9B818A}

▲キャッチコピーなどは大体いいことしか

書いてないに決まってます。
 
しかし栄養成分表示を見ると
 
 
image
牛乳をかけたとしても
 
糖質 41.5g
たんぱく質 10.7g
脂質 15.5g
 
必須栄養素といえるたんぱく質が少なく
糖質はバツグンに高い…
 
これでは体脂肪を落としたい人の
朝食に適しているは決して言えません。
 
ビタミンやミネラルが入っていると
アピールしていますが、その栄養素も
糖質を代謝するために体内で
大量に消費されてしまうので
意味がありません。
 

筋肉を増やしたい人が、
トレーニング後に血糖値を上げる目的なら
ぜひ使って欲しいですが。。。笑
 

結論を言うと、
 
▼市販のグラノーラは糖質の塊
▼砂糖や果糖が多く脂肪になりやすい
▼ビタミンミネラルが豊富でも、糖質のデメリットのほうが大きい
▼食物繊維が摂りたいならオートミールなどに変えるべき。
 
そんなわけで、ダイエットしたいという方は
食事としてグラノーラを食べるのは
やめておきましょう。
 
食物繊維がたくさん入っているとか
フルーツが入っているという
健康っぽいイメージに騙されず、
きちんと栄養成分表示を見てみましょうね!
 
今日はこの辺で。
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2017 All Rights Reserved.