表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

キレイに痩せたかったらスムージーじゃダメだ!②

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

表参道のパーソナルトレーニングジム

evergreenの藤田です。

 

 

 

私が間違ったダイエットがはびこっている

象徴だと思っている

 

スムージー

 

昨日は、なぜスムージーを飲んでも

ダイエットがうまくいかないのか?

ということを分かっていただくために、

基本的な栄養学の理屈を書きました。

 

 

キレイに痩せたかったらスムージーじゃダメだ!①

 

 

今日はその続きなので、

この記事だけ、あるいはこの記事から

読んでも、なぜスムージーが

ダメなのか、あまり分からないと思います(笑)

 

 

今日は理論編の続きとして

 

ダイエットには動物性より植物性の食材のほうがいい

 

という、これまたダイエットでよくある勘違いを

検証していきます。

 

そもそも多くの植物性の食材には、

ほとんどタンパク質が含まれていません。

 

植物性の食材で、タンパク質が豊富といえるのは

大豆製品くらいのものです。

 

しかしその大豆も、肉や魚などと比べると

たんぱく質をたくさん摂るには効率が悪いです。

 

また大豆のたんぱく質の中には

不足している必須アミノ酸があります。

 

大切なのは、必須アミノ酸が一つでも不足すると、

その不足したレベルまでしか

他のアミノ酸も働かなくなるということ。

 

この理屈は、よく桶にたとえられるのですが、

桶を作る板に、必要とするだけの長さがあれば

桶には水を並々と入れることができますが、

板の長さがたった1本だけでも短いと

その長さまでの水しか入らなくなります。

 

こんな感じです。

 

多くの植物性食品のタンパク質は、

何かしらの必須アミノ酸が不足していて

動物性食品と比較すると、

とても利用効率が悪いです。

 

そんなわけで、

 

・そもそも植物性食品は入っているタンパク質の量が少ない

・しかも動物性食品と比べてタンパク質がうまく働かない

 

昨日お伝えした、

 

タンパク質をきちんと摂らないと

代謝が上がらずダイエットはうまくいかない

 

という理屈とあわせると、ダイエットには

動物性食品より植物性食品のほうが

いいというのが、間違っていることが分かります。

 

 

以前に

 

野菜中心の食生活は栄養バランスが非常に悪い

 

という記事を書きましたが、同じような理屈です。

 

野菜サラダだけでは代謝は上がりません。

なぜなら、タンパク質が圧倒的に足りないから。

 

だから、短期間で一時的に体重を落とすだけなら

いいかもしれませんが、根本的にはそれでは

ダイエットには成功しない。

食生活を戻せば、ほぼ確実にリバウンドします。

 

 

そういうわけで、ダイエットを成功させたかったら

肉や魚、卵などの動物性食品をたくさん食べましょう!

 

スムージーに全然触れてないけど、

昨日と今日のブログを読んでもらえれば

なぜスムージーではダメなのか

大体お分かりいただけると思います。

 

というわけで、次回はこの流れの

まとめ+αです。

 

今日はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2017 All Rights Reserved.