表参道駅徒歩6分 健康的で引き締まったメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニング

インターネットやSNSのダイエット情報って…

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

facebookなどSNSで知り合いの投稿を見ると、ポジティブな投稿がほとんどを占めているし、自分が投稿するときも、ネガティブなことはあまり投稿しませんよね。

分別のある大人なら、日々イライラしたり落ち込んだりしたことをいちいち友人に共有しないし、facebookの特性から作られた「空気」が尚更そうさせていると思います。

だから毎日SNSを見ていると、「友達はみんなすごく充実していて、毎日楽しそうだな…」と思いがちです。

ポジティブな投稿ばかり見ていると、それに比べて自分の生活はなんてつまらないんだ…なんて考えてしまう人もいるでしょう。


でも、本当に毎日楽しいことばかりの人なんているはずがないし、毎日気持ちの浮き沈みがなく、何があってもずーっとポジティブな人なんているわけがない。

考えてみたら、当たり前ですよね。


別にfacebookを否定しているわけではありませんよ。僕も1日1回くらい投稿したり、タイムラインを見たりしています。

twitterは、facebookと比べるとネガティブな「つぶやき」も多いですが、これもtwitterの特性から作られた「空気」だと思います。

ダイエットやカラダ作りに関する情報を見ているときも同じことが言えます。

みんなどんどん痩せていってるのに、自分は全然結果が出ない…
そんなとき、結果が出ている人のうまくいっている面だけ見て羨ましがって、苦しんでいる面、努力している面は見ていないことが多いです。

さらに問題なのは、人間は「自分に理解可能」で「都合のいい」情報しか頭に残らない傾向があること。

自分が憧れるようなカッコいいカラダをしている有名人のブログを見て、その人がたまに食べたケーキ、たまの付き合いで飲んだお酒の席の写真をアップしていると

「あの人だってケーキをたくさん食べているんだから、私も食べたって大丈夫!」

と勘違いする人がいます。

いやいや…その人が毎日ケーキだけ食べてるわけないし、他に頑張っている部分があるに決まっているじゃないですか。

バナナダイエットの番組を見て「バナナだったら食べてもいいんだ!」と都合のいい勘違いをするのと一緒です。

今までの食事にバナナをプラスするだけなら、摂取カロリー増えて体重減らないに決まってるでしょ。

SNSやブログには、楽しいことや共有したいことしか載せませんから、もしその人が日々食事を我慢していて辛くても、そのことを投稿したりしないことが多いです。

公式アカウントなら、ネガティブな情報でも大事な報告はアップしたりしてますけどね。

プロ意識の高い人ほど、その傾向は高い。

そういう人にとって日々カラダを作るために頑張るのは当たり前で、それを苦労と思っていない、あるいは辛くてもそんなこと書いたりしません。

実際はそういう人でも我慢したり、自分や周りの環境をコントロールして努力しているんです。

あこがれの人の華やかな面だけを真に受けて「自分もそういう生活でいいんだ!」と勘違いしないようにしないと、失敗してしまいます。

この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パーソナルトレーニングジムevergreen , 2015 All Rights Reserved.