表参道駅徒歩6分 DNA検査を活用して最も効果的な方法でメリハリ・くびれのあるボディラインを作るパーソナルトレーニングジム

【33】思い込みが一番危険

 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

2年前から、減量の指導しているお客様。

体重が停滞し始めて長かったのですが、
トレーニングと食事管理で
ダイエットに成功した経験があるので、
ストレスを割ける意味も含め

僕の方であまりキツキツ管理せず、

ある程度本人の感覚に任せていました。

ここ半年くらいは非常に忙しいみたいだし、
自炊する時間の工夫の仕方も含め、
コントロールするのは限界なのかな…?
と思っていました。
 

…が。

最近結婚して、自炊する機会が増えた途端
2週間で3キロ落ちたという…

どういうことか不思議に思って

改めて食べている内容など、
話を総合してみると、結局
 
結婚する前は食べ過ぎていたんじゃないか!

という結論でした。

ここでの教訓は、

「自分は食事を管理できている」

 
という「思い込み」が
一番危険だということです。

「管理できている」というのは、
その人の主観でしかありません。

大切なのは、その裏付け。

食べたもの、記録してる?
タンパク質、足りてる?

ビタミンやミネラル、食物繊維、足りてる?
何をどれだけ食べたら、自分のカラダが
どう変わったのか、見直してますか?

そういうことです。

どれだけ成功体験があっても、その時々で
生活リズムも消費カロリーも変わってきます。

減量したいのに体重が増える、変わらない、

というのはそのときのその人の
カラダや生活状態にとって、
食べ過ぎているんです。

以前はうまくいったのに、最近カラダが

変わらなくなってきたという方は、
生活リズムとともに食事内容を
再度、見直してみてください。

また、「思い込み」の排除のために、

自分の行動を客観的な目に晒す
ということも、やはり大切なのです。
自分の指導力不足を嘆きながら。。。
 
この記事を書いている人 - WRITER -
evergreen代表 藤田英継
表参道のパーソナルトレーニングジムevergreen代表トレーナー。 東京大学大学院で、トレーニングとダイエットのことを研究してきた知識と経験を生かして「太りにくく痩せやすい」「メリハリのある」「引き締まった」カラダ作りを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です